<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=145304570664993&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
Graphcore IPUs to power Korea Telecom AI Data Centre

Aug 17, 2021 \ IPU-POD, Telecoms, Corporate

GraphcoreのIPUがコリアテレコムのAIデータセンターに採用

筆者

Minwoo Kang

コリアテレコム(KT)は、同社のインターネットデータセンター向け高性能AI計算機能にGraphcoreのIPU-PODシステムを選定しました。韓国のイノベーターは、KTのHyperscale AIサービスを通じてIPUテクノロジーにアクセスできるようになります。

KTは、韓国最大の電気通信事業者で、全国に14のデータセンターを運営しています。今回、KTのインターネットデータセンターにGraphcoreのハードウェアが選定されたことは、韓国でIPU技術とそのAIイノベーションへの優位性に対する関心が高まっていることを示す重要な意味があります。

Hyperscale AIサービスにより、企業、金融機関、医療機関、大学、研究機関は、最先端のAI研究開発インフラストラクチャーにオンデマンドでアクセスでき、そのAI導入をサポートします。

韓国の大手マネージドサービスプロバイダーであるMegazone Cloudと共同で設立されたこのAI研究開発インフラストラクチャー向けのソリューションは、高速、安全、そしてコスト効率を考慮して設計されています。このサービスは簡単に拡張でき、AIの実務者は必要なときにいつでも作業量を増やすことが可能になります。

GraphcoreのIPU-PODシステムは、IPUの持つ大規模な並列処理能力により、KTとMegazone CloudのHyperscale AIサービスを強化するために選ばれました。グラフィックス処理のために作られたGPUとは異なり、IPUアーキテクチャはAIアルゴリズムを実行するために最適化されており、機械学習プログラムをはるかに効率的に処理できます。韓国ではAIの研究開発に対する需要が高まり続けており、このような効率化を図ることで、イノベーターはより早く成果を得ることができ、AIロードマップのマイルストーンをより早く達成できる可能性があります。

KTのクラウド/DXビジネスユニットのシニアバイスプレジデントであるMihee Lee氏は次のようにコメントしています。「KTのHyperscale AIサービスにより、AIに関心のある企業や機関が、高額なインフラストラクチャーによる躊躇なく参入できるようになることを期待しています」

「KTは、韓国トップのバックボーンネットワークとインターネットデータセンターをベースに、AIやブロックチェーンなどの次世代コアテクノロジーの発展を牽引するソリューションの導入を今後も継続します」

×