<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=145304570664993&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Jan 12, 2022 \ Machine Learning, Computer Vision

より安全で環境に優しい街づくりのためにSensoroがGraphcore IPUのAI技術を採用

筆者

Jiang Zhu

スマートセンサーとビーコン技術の世界的リーダーであるSENSOROは、同社最新の環境・安全モニタリングシステムを支えるAIコンピューティングを導入するためにGraphcore のシステムを採用した。

GraphcoreのIPUは、町や都市がより安全で環境に優しい生活の場所になるよう設計された一連のSENSOROソリューションを強化する。

現代の都市環境がより持続可能なエネルギーの形式や輸送に移行し、気候変動の影響に対処する上でも、都市環境の管理に不可欠なツールとしてスマートセンサーが台頭してきた。

SENSOROはまず、Graphcore IPUコンピューティングを以下の用途に使用する予定だ。

  • スマート防火:電動自転車(イーバイク)の急速な普及に伴い、イーバイクの充電火災も増加している。SENSOROの監視システムは、ビル管理者にイーバイクがそのビルに到着したことを知らせ、安全な充電手順と設備を支援することができる。
  • 緊急洪水防止:GraphcoreはSENSOROと協力して都市部の洪水リスク地域のモニタリングに基づく早期警報システムを開発し、より良い災害対策と緊急対応を実現する。
  • スマートエコロジカルガバナンス:違法な川漁は生態系のつながりを断ち切り、生態系の完全性を破壊する。SENSOROシステムは、電気漁業や網漁業などの異なる漁業シナリオを認識することができ、違法な漁業活動に関する正確な情報を提供することができる。
SENSOROのTony Zhao創業者兼最高経営責任者(CEO)は今回の提携を歓迎し、次のように述べた。「GraphcoreのIPUシステムは、両社が共同開発した都市型ESGソリューションに効率的で使いやすいコンピューティングプラットフォームを提供し、われわれが長い間直面していたコンピューティングパワーの障害を解決してくれる。今後もGraphcoreと協力し、IPUを利用して、人々の生活のより多くの側面に前向きな変化をもたらしていく。」

Graphcore IPU上で動作するSENSOROが使用している主なAIモデルの1つがYOLOだ。

YOLO(You Only Look Once)は、リアルタイムの物体検出のための非常に効果的な畳み込みニューラルネットワークだ。2015年に最初のバージョンをリリースして以来、スピードと精度を向上させるために何度も改良が加えられてきた。

SENSOROは、IPUのきめ細かく高度な並列計算能力が、YOLOを最大限に活用するために必要な並列化に適していることを発見した。

高解像度画像(1920x1080px)に対して推論を行ったところ、SENSOROはそれまで使用していたGPUベースの推論ソリューションと比較して、4倍の性能向上を確認した。
×