<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=145304570664993&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
Argonne National Labs Graphcore

May 30, 2022 \ HPC, Scientific Research

Graphcore IPUがアルゴンヌ国立研究所のAIテストベッドに採用

筆者

Saurabh Kulkarni

シカゴ大学が管理している、米国エネルギー省傘下の複合領域科学工学研究センター「アルゴンヌ国立研究所」は、AIテストベッド内にグラフコアのインテリジェンスプロセッシングユニット(IPU)を設置しました。

アルゴンヌ リーダーシップコンピューティング施設(ALCF)が運営するAIテストベッドを使用することで、研究者は、次世代の機械学習応用と作業負荷を探索して、科学のAI使用を促進できます。グラフコアのIPUなど、テストベッド用に選択された技術は、この施設の現世代および次世代のスーパーコンピューターを補完し、AI、ビッグデータ、高性能演算の交差点での先駆的な研究をサポートする、最先端の環境を提供します。

ALCF AIテストベッドのシステムは、機械学習とデータ中心の作業負荷を目的に設計されています。強力な研究ツールがあり、特に、スーパーコンピューター、光源、粒子加速器で生成される大量のデータ関連の課題に対処するのに適しています。また、研究者はテストベッドを使用することで、AI手法を、シミュレーションや実験科学と組み合わせて発見を加速する、新しいワークフローを探索できます。テストベッドのリソースは、解決すべき問題が証明されているため、幅広い研究コミュニティのメンバーが利用できます。

ALCFディレクターのMichael Papkaさんは、こう話します。「ALCF AIテストベッドの目標は、データ駆動型の探索を進める上でAI加速器が果たせる役割と、これらのシステムをスーパーコンピューターと組み合わせて、極めて規模の大きく複雑な科学問題に拡張する方法を、理解することです。科学演算の将来で大きな役割を果たすであろう一握りの有望な技術の1つとして、グラフコアのIPUは、AIテストベッドに含めるのに適した選択肢でした。」

IPUは、AI、機械知能、HPCワークロードを高速化するためにグラフコアのPoplar SDKと共に特別に設計された、微細な高性能演算用のまったく新しい種類の超並列プロセッサです。IPUの独自のアーキテクチャは、今日のCPUやGPUに比べ、実証された性能と効率の利点を提供し、研究者がまったく新しい種類の作業に取りかかり、複雑で手強い重要な問題を解決できるようにします

IPUシステム(グラフコアエリートパートナーであるDellが設置)は、2021年にAIテストベッドの構築を開始して以来、ALCFで使用されています。このシステムは現在、特定のニーズベースのプロジェクトでアルゴンヌによって使用されており、後日、大きなユーザーコミュニティに公開される予定です。

「これまでの科学の作業負荷でのIPUの性能評価は、印象的な結果につながりました。特にPoplar SDKの成熟具合に感銘を受けており、グラフコアの最新ハードウェアを追加してAIテストベッドをさらに強化できる可能性にワクワクしています。」とALCFデータサイエンスチームのVenkat Vishwanathさん。

グラフコアとアルゴンヌは、さまざまな調査およびベンチマークプロジェクトでも協力しており、詳細は今後数か月以内に発表する予定です。

×